胆道閉鎖症初回登録用紙改正案に対する意見募集について
 


胆道閉鎖症のマススクリーニングが全国的に実施されて4年が経過しました。その効用について短期的報告をするにあたって、スクリーニング開始前後の早期発見、早期手術及びほかの診療指標を日本胆道閉鎖症研究会から許可を得て比較検討していたところ、研究会への登録用紙への記入事項の中にこの用途にそぐわない部分があることに気づきました。
そこでその質問を一部変更する案を作成したので、これを本学会員の皆さんにHPを通して提示しパブリックコメントを頂いて修正したのちに、研究会に提案しようと思います。
御所属、お名前を明記のうえ、8月5日(金)までに当学会事務局宛(jspghan.sec@gmail.com)にご意見をお寄せいただきますと幸いです。
尚、現行の用紙は、日本胆道閉鎖症研究会のHP(http://jbas.net/registration/)から、初回登録用紙としてダウンロードできます。

2016年7月22日
運営委員長 玉井 浩


 

■ 胆道閉鎖症初回登録用紙 PDF(ダウンロード
■ 日本胆道閉鎖症研究会初回登録用紙改正案 Word(ダウンロード