小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー

小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー(募集を締め切りました) PDF版ダウンロードはこちら

会 期:平成29年10月22日(日)14時00分〜17時00分
会 場:九州大学医学部百年講堂
    〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号
参加費: 5,000円(学会員), 20,000円(非学会員)
募集定員:16名予定(第44回日本小児栄養消化器肝臓学会参加を必須とする)
コース:①上部ハンズオンコース(初心者コース) 8名予定
     内視鏡検査未経験者または上部消化管内視鏡検査スキルアップ
     異物除去など簡単な治療内視鏡のハンズオン
    ②大腸ハンズオンコース(スキルアップコース) 8名予定
     上部内視鏡検査の経験あり、大腸内視鏡検査未経験者またはスキルアップ
     異物除去など簡単な治療内視鏡のハンズオン
内容:ハンズオン、少人数ディスカッション
講師:外部講師 日本大学医学部内科学系消化器肝臓内科学分野教授 後藤田卓志先生
   当学会会員

募集期間:平成29年7月13日(木)~ 平成29年8月13日(日)

申し込み方法:
E-mail にて下記の(1)〜(7)をご記入の上jspghan.edu.project@gmail.com 宛にお申込みください。

件名:小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー参加希望
(1)希望コース名(いずれか一つ選択):
   上部ハンズオンコース(初心者コース)・大腸ハンズオンコース(スキルアップコース)
(2)お名前・ふりがな:
(3)ご所属:
(4)医学部卒業年度(西暦):
(5)①ハンズオンセミナー参加の動機
   ②内視鏡検査のご経験の有無(ご経験ある場合には、ご経験の概数)
(6)返信用メールアドレス(必須):

注意事項
1.ハンズオンセミナーの遅刻、早退は原則として認めません。例外として、本学会発表時間とハンズオンセミナーが重複した場合、お帰りの交通手段の都合で途中退席がやむを得ないなどの事情があり、事前に連絡をいただいた場合に限り個別に相談に応じます。9月末日までに事務局にご連絡ください。また、いかなる事情であっても、参加費の一部払い戻しには応じることはできないことをご了承ください。
2.応募者が定員を超えた場合には、第一優先を前年抽選もれで同じコースを再申し込みされた先生、第二優先を本年新規に応募された先生(前年と異なるコースを応募された場合には新規応募とします)、第三優先を前年のハンズオン受講者で同じコースを今年も応募された先生、の順位としたうえで、必要に応じて抽選となることをご了承ください。
3.応募者が定員を超えた場合には、同一コースへの同じ施設からのご参加は2名までとします。
4.参加決定後のキャンセルは、やむを得ない事情のある場合に限り9月末日までに学会事務局に連絡ください。それ以降はキャンセルをお受けすることはできません。参加料を振り込んで頂き、振込確認後に当日の資料をセミナー終了後に郵送にてお届けいたします。

参加申込後の流れ
◎申込みメールを受け取った後に、受領確認の返信メールを事務局より差し上げます。
◎ハンズオンセミナーにご参加いただけるかどうかは、8月20日頃までを目安にメールにてご連絡いたします。参加を申し込まれたにも関わらず、事務局からの連絡がない場合にはお問い合わせください。



小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー(終了しました) PDF版ダウンロードはこちら

会 期:平成28年9月18日(日) 14時00分〜17時45分
会 場:筑波大学附属病院
    〒305-8576 茨城県つくば市天久保2丁目1番地1
参加費: 5,000 円(学会員), 20,000 円(非学会員)
     当日会場にて徴収、現金のみ、釣り銭のないようご準備ください
募集定員:16名(第 43 回日本小児栄養消化器肝臓学会参加を必須とする)
コース:①上部ハンズオンコース(初心者コース) 8名
    内視鏡検査未経験者または上部消化管内視鏡検査スキルアップ
    ②大腸ハンズオンコース(スキルアップコース) 8名
    上部内視鏡検査の経験あり、大腸内視鏡検査未経験者またはスキルアップ
内容:ハンズオン、講義(正しい所見の記載法ほか)、少人数ディスカッションおよびシミュレータ体験
講師:当学会会員15名前後
   外部講師 日本大学医学部内科学系消化器肝臓内科学分野教授 後藤田卓志先生

募集期間:平成 28年 6 月 21日(火)~ 平成 28年 7 月 31 日(日)

申し込み方法:
E-mail にて下記の(1)〜(7)をご記入の上jspghan.edu.project@gmail.com 宛にお申込みください。

件名:小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー参加希望
(1)希望コース名(いずれか一つ選択):
   上部ハンズオンコース(初心者コース)・大腸ハンズオンコース(スキルアップコース)
(2)お名前・ふりがな:
(3)ご所属:
(4)医学部卒業年度(西暦):
(5)①ハンズオンセミナー参加の動機
   ②内視鏡検査のご経験の有無(ご経験ある場合には、ご経験の概数)
(6)返信用メールアドレス(必須):
(7)注意事項(いずれか一つ選択、なしの場合は今回受講できません):同意あり・なし

 
注意事項
1. 本ハンズオンセミナーは筑波大学小児科で行っている文部科学省事業「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の教育経費で一部運営されます。ハンズオンセミナーの様子をビデオ撮影させていただく予定であることをあらかじめご承知ください。撮影したビデオ画像の使用方法は、日本小児栄養消化器肝臓学会で検討されます。また、学会運営委員会の了解を得て課題解決型人材育成研究の成果として用いるほかに、今後日本小児栄養消化器肝臓学会のホームページで学習用として使用できるようにすることを検討しています。そのほか本学会のPR活動にも使用させていただく予定です。上記についてご了解いただき、主旨をご理解された方のハンズオン参加申し込みをお願いします。
2.ハンズオンセミナーの遅刻、早退は原則として認めません。例外として、本学会発表時間とハンズオンセミナーが重複した場合、お帰りの交通手段の都合で途中退席がやむを得ないなどの事情があり、かつ事前に連絡をいただいた場合に限り個別に相談に応じます。8月末日までに事務局にご連絡ください。また、いかなる事情であっても、参加費の一部払い戻しには応じることはできないことをご了承ください。
3.応募者が定員を超えた場合には、第一優先を前年抽選もれで同じコースを再申し込みされた先生(前年の講義のみの受講の有無は問わない)、第二優先を本年新規に応募された先生(前年と異なるコースを応募された場合には新規応募とする)、第三優先を前年のハンズオン受講者で同じコースを今年も応募された先生、の順位としたうえで、必要に応じて抽選となることをご了承ください。
4.応募者が定員を超えた場合には、同一コースに同じ施設から二名までの参加とします。
5. 参加決定後のキャンセルは、やむを得ない事情のある場合に限り9月9日(金)正午までに学会事務局に連絡ください。それ以降はキャ ンセルされても参加料を振込んで頂き、振込確認後に当日の資料を郵送にてお届けいたします。


小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー (終了致しました) PDF版ダウンロードはこちら

小児消化器内視鏡ハンズオンセミナーは平成27年9月11日に応募を締切りました。
応募者多数のため、現在厳格に抽選をしております。
結果がわかり次第応募者の皆様に個別にメールを致しますのでしばらくお待ち下さい。

会 期:平成27年10月18日(日)15時15分〜17時30分
会 場:広島国際会議場 C会場
      広島県広島市中区中島町1-5(平和記念公園内)
参加費(当日徴収): 3,000円(学会員)/10,000円(非学会員)
募集定員:10名(第42回日本小児栄養消化器肝臓学会参加を必須とする)
内 容:初心者コース(内視鏡未経験者)
     スキルアップコース(上部内視鏡経験あり、大腸内視鏡初心者)
     上部・大腸モデルによるハンズオン&小児の内視鏡像など講義

募集期間:平成27年6月10日(水)~ 平成27年9月11日(金)

申込み方法:
E-mailにて下記の(1)〜(6)をご記入の上、
jspghan.edu.project@gmail.com宛にお申込み下さい。

件名:小児消化器内視鏡ハンズオンセミナー希望
  (1)希望コース名
  (2)お名前・ふりがな
  (3)ご所属
  (4)医学部卒業年度(西暦)
  (5)①ハンズオンセミナー参加の動機
      ②内視鏡検査のご経験の有無(ご経験ある場合には、ご経験の概数)
  (6)返信用のメールアドレスを明記ください。

<お申し込み後の流れと注意点>
◎お申し込みのメールを受け取った後に事務局から返信メールを差し上げます。
ハンズオンセミナーにご参加いただけるかどうかは、募集締め切り後の遅くとも9月末日までにメールにてご連絡いたします。
参加を申し込まれ、事務局からの連絡がない場合にはお問い合わせください。

◎参加決定後のキャンセルについて
事務局から参加いただける旨の連絡をした後に、事情によってキャンセルをされる場合には、10月9日正午までに事務局までご連絡ください。
それ以降のキャンセルについては、参加料の振込をお願いし、振込確認後に当日の資料を郵送にてお届けいたします。

◎申込多数の場合には抽選となりますのでご了承ください。

◎このセミナーは本学会認定医の申請用ポイントとしてカウントされます。