進行性家族性肝内胆汁うっ滞症に対する医師主導治験

 

日本小児栄養消化器肝臓学会会員各位

日頃より「フェニル酪酸ナトリウムの進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)に対する医師主導型治験」にご協力を賜り深謝申し上げます。

さて、お陰様をもちまして本治験はPMDAより承認され、2月より第1例の治験が開始できました。

治験は6例を予定しておりますが、現時点では目標症例数を達成することが困難な状況であります。

つきましては、現在、胆汁うっ滞を認める乳児につきましては、一刻も早く、「乳児黄疸ネット」を通じて我々にご相談いただきたく、改めてお願い申し上げる次第です。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

平成29年4月5日

近畿大学医学部奈良病院小児科
近藤宏樹

 ●プレスリリース[PDF

 ●医療関係者向け[PDF

 ●患者さん向け [PDF